ホーム労働新聞最新号党の主張(社説など)/党の姿サイトマップ

 

Update 2021-2-25


1597号・2/25発行

メールはこちらへ
Google
 
Webを検索 サイト内を検索



■労働新聞最新号(2/25)
株価一時3万円超え 金融緩和による政策効果
 「濡れ手にアワ」の大企業 国民との格差ますます開く
・解説/日米/米日豪印の「同盟化」策す 中国包囲の成功はおぼつかず
・21春闘/勝負のカギは「中小による底上げ」
 重み増す「1日8時間働いてメシが食える賃金」の思い
 (JAM=ものづくり産業労働組合・安河内賢弘会長に聞く)

■労働新聞(2/15)
バイデン米大統領が外交演説 中国包囲に同盟国の動員狙う 中国敵視で大国化めざす
 菅・自公政権を打ち倒そう 米国加担は戦争と孤立の道

・解説/中国/デジタル人民元導入を準備 米ドル体制を脅かす存在に
経団連「経労委報告」を批判する(上)
 「サステイナブルな資本主義」叫び、労働者に競争と分断持ち込む(矢田 広美)

■労働新聞(2/5)
特措法、感染症法改悪を糾弾する 危機に備えた弾圧強化策こそ本質
 国民に犠牲と負担、与党は遊興三昧 与党を助ける立民の責任は重大
・解説/バイデン大統領就任式 内戦的危機の打開は困難
近畿/関生、社民党などから連帯あいさつ 歴史的転換期、参加者に確信
熊本/県内各地から野党各党、自治体議員が参加 県党の前進印象づける
長崎/参加者交え、活発な討論 米バイデン新政権を暴露
新春地方議員・候補者メッセージ(2)

■労働新聞(1/25)
中央/新春講演会を開催 大隈鉄二議長が断固たる訴え コロナ禍が加速する危機を解明
九州/大隈議長が講演・来賓から連帯あいさつ相次ぐ
 米帝と「時代錯誤」の菅政権との闘い呼びかける
・解説/菅首相が初の施政方針演説 成果焦るが早くも窮地
新春地方議員・候補者メッセージ(1)

■労働新聞(1/1)
大隈議長、世界を語る
各界新春メッセージ
 憲法の価値実現へ、社民党の出番(社会民主党全国連合党首 福島みずほ)
 転換の年、政治を切り拓くために(新社会党中央本部執行委員長 岡崎ひろみ)
 奪われたものを取り返す年に(自主・平和・民主のための広範な国民連合代表世話人 西澤 清)
 菅反国民的政権を打倒し、救国のため政権交代を実現しよう
 (元参議院副議長/自主・平和・民主ための広範な国民連合代表世話人)
 人権と平和の確立めざす共同の闘いを(部落解放同盟中央本部執行委員長 組坂 繁之)
 「国消国産」の認識共有へ(全国農業協同組合中央会会長 中家 徹)
 朝鮮敵視政策の撤回を(在日本朝鮮人総聯合会中央本部国際統一局)
 コロナ禍も物流支えたドライバー(全日本トラック協会会長 坂本 克己)
 揺らがぬ県民の民意、玉城知事先頭に 「常在戦場」闘い抜く(照屋大河・沖縄県議会議員)
 消費税廃止めざし、まず5%へ引き下げを(湖東 京至・元静岡大学教授、税理士)
「時代がわれわれを求めている」ー総反撃へ決意 客観情勢は闘う者に有利
 (武建一・全日本建設運輸連帯労働組合関西地区生コン支部委員長に聞く)
・中小を組織する責任果たす 不条理な「格差拡大」正す春闘に
 (ものづくり産業労働組合=JAM・中井寛哉書記長に聞く)
「中国を知る」「怖い」から学びにつなげる 戦争について改めて考えたい

■労働新聞(12/15)
・解説/菅政権/地銀再編の加速化もくろむ 金融大手に奉仕し地域を破壊
持続可能な米・水田農業政策へ抜本的な改革を(中原 浩一・北海道農民連盟書記長に聞く)


■出版物
・「資本主義は末期、迫る破局 いかに闘うべきか〜ロシア革命101周年記念〜」 激動する世界
 より歴史的、本質的な観点で 大隈鉄二・党中央委員会議長の講演
・党創立30周年記念 大隈鉄二論文選(上・下巻)

■労働新聞取り扱い店
■書泉グランデ(4F) 東京都千代田区神田神保町1-3-2TEL:03-3295-0011
■模索舎 東京都新宿区新宿2ー4ー9 TEL:03-3352-3557